• ホーム
  • 身体のかゆみを防ぐ効果もあるバルトレックス

身体のかゆみを防ぐ効果もあるバルトレックス

緑のカプセルを持っている人

ニューキノロン系の抗菌薬は、性感染症の治療に広く処方されている薬剤です。
このニューキノロン系の抗菌薬は分子構造レベルで細胞の合成を阻害することができるので、性感染症の原因とされる多くの細菌が体内で増殖することを防ぎます。
それ故に、ヘルペスをはじめ、多くの性感染症の治療薬として広く処方されているのです。
この医薬品は性病に特有のかゆみの症状だけではなく、尿道炎や膀胱炎などの局部的な痛みを伴う症状の治療でも処方されており、とりわけニューキノロン系の抗菌剤はジェネリック薬品も豊富であることから、選択肢が多くなっているのが現状です。

この薬剤は内服するだけでかゆみなどの症状を改善できるので、ヘルペスの細菌に感染してしまった場合や、そのほかのウイルス性の感染症でも処方される抗生物質です。

また、バルトレックスという薬剤は、唇にできてしまったヘルペスに対して処方されるという特徴があります。
この薬剤も、体内に吸収されてから病原菌の増殖を妨害し、症状が悪化してしまうことを防ぎます。
バルトレックスは、唇にできる発疹やかゆみの症状に優れた効果を発揮し、ヘルペスウイルスの増殖を抑えてくれるのです。
そのため、仕事のストレスや疲労、生活習慣の乱れなどが原因で、唇にヘルペスの症状があらわれた際には、このバルトレックスの服用を開始することで、症状を軽くする事が可能です。

また、性器に症状があらわれるヘルペスの場合は、ウイルスの潜伏期間も長く、一時的に症状が改善したあとも体内に滞在する傾向があるので、体調の悪化やストレスなどが引き金となり、症状を再発することになります。
そのため、バルトレックスを一定期間服用して、この病気の再発を防ぐ事が重要です。